2015/05/18

たいへんに好評です。CLOUDIANとファイル自動管理ZiDOMA dataとのコラボ

2015年5月11日(月)、「ARIとクラウディアン、データストレージ間の大量データ転送ソリューション」についてのプレスリリースを行いました。

この発表は、ARアドバンストテクノロジー(以下、ARI)様が開発提供するファイル自動管理アプリケーション「ZiDOMA data」を使うことで、ファイルサーバ等に活用されているNAS(ネットワーク接続ストレージ)とCLOUDIAN間、CLOUDIAN採用クラウドストレージ間で、ファイル等のデータ転送がポリシーベースで行えるというソリューションです。

ファイルサーバに格納される大半のファイルは、頻繁にアクセスされることはありませんが、ストレージ容量を多く消費しています。スケールアウト型オブジェクトストレージである「CLOUDIAN HyperStore」をセカンダリストレージとして使い、ファイルのサイズ、更新日時、利用頻度といったポリシーに応じて、自動的に転送し保管することで、高価なプライマリストレージの利用効率を高めるとともに、ストレージ全体としての経済性を高めることができます。


今回の発表は、たいへんに好評で、多くの記事にご紹介いただきました。

また、5月13日から15日まで、ARI様が出展されたクラウドストレージExpoのブースにおけるデモ展示には、多くのお客様がご訪問されていました。
データストレージExpoにおけるARI様の展示ブース