2015/02/25

石川コンピュータセンター(ICC)様ご紹介記事が掲載されました

2014年7月より、石川コンピュータセンター(ICC)様が提供するICCクラウドのSaaSである「BCPリモートバックアップサービス」には、CLOUDIAN HyperStoreをストレージ基盤としてご採用いただいています。本サービスは、ICCクラウドのストレージへデータをバックアップできるサービスです。



このICC様のインタビュー記事がマイナビエンタープライズに掲載されていますので、ここで一部をご紹介したいと思います。

石川県から全国の企業へ!CLOUDIAN HyperStoreが支える安全・安心・安価なバックアップ


ICC様は「LGWAN-ASPサービス提供事業者」として登録されており、全国に張り巡らされたLGWAN(総合行政ネットワーク:Local Government Wide Area Network)を利用して、安全なサービスを全国の自治体に提供できる事業者として認定されており、このLGWANやVPNをアクセス回線として選択することが可能です。

そのため、ICC様の柔軟なネットワークサービスを活用し、経路上の安全性を確保しつつ、全国から安全な北陸の地へ手軽にデータを預けることができます。一般のバックアップツールを使えるのも特長の1つで、安価にDRやBCP対応を開始できることから、中小企業のユーザーにとっても最適と言えます。

ICC様がCLOUDIAN HyperStoreをご採用いただいた理由は、インタビュー記事において次のようにご紹介いただいています。

「CLOUDIAN HyperStoreは、業界標準とも言えるAmazon S3に準拠しており、さまざまなアプリケーションに対応します。また標準的なHTTP/HTTPSを用いているためLGWANでも問題なくアクセスできます。当社の顧客は自治体や医療、製造などと幅広く、それぞれの業界に特有のアプリケーションや運用、ガイドラインなどが存在しますが、CLOUDIAN HyperStoreは多様な環境を受け止めることができる“器”になり得ます」

「CLOUDIAN HyperStoreは、他のオブジェクトストレージソリューションとは異なり、比較的小さなストレージ容量からスモールスタートすることが可能です。汎用サーバを追加するだけで容易に拡張し、可用性を高めていくことができます。まずは中小企業をメインターゲットに始めていますが、どんどん拡大していきたいですね」

そして、ICCクラウドを活用することにより、お客様は、次のようなメリットがあります。

「DRやBCPへの関心は高くても、知識や技術、人員が不足している企業は多く、実現は容易ではありません。ICCクラウドのBCPバックアップサービスを活用すれば、複雑な運用は不要で、意識せずにIT-BCP対策を実践できます。顧客や取引先に対してもデータ保全の責任を果たせますし、監査機関にも健全な運用をアピールすることができます」

今後、石川コンピュータ・センターでは、各種ソリューションとの連携や、仮想サーバサービスのストレージとして活用するなど、CLOUDIAN HyperStoreの活用範囲を広げる商品を企画していきたいとのことです。

また、石川コンピュータセンター様のBCPリモートバックアップサービスのご紹介ページでは、CLOUDIANのロゴも掲載されています。ぜひ、ご覧ください。