2014/04/17

Cloudianのグローバル展開が本格化しています

2012年のプレスコンファレンスにおいて、今後のクラウディアンの方針を次のように、「エンタプライズ市場とグローバル展開に重点をおく」とご説明しました。

「今後はパブリッククラウド以上の市場規模を持つプライベートクラウド市場に注力する。また、CloudStackとの連携も進める。パートナー企業のネットワークを活用したグローバルでの展開も視野に(入れる」(2012年10月29日、@IT記事)

この方針を実現するため、2013年10月にはインテルキャピタルからの出資を受け、その準備を進めてきました。

「インテル キャピタルによる今回の投資は、Cloudianの販売とサポート力を強化し、グローバル規模で成長するエンタープライズ・ストレージ市場、およびサービスプロバイダー市場における事業拡大に利用される予定だという。」(2013年10月24日、マイナビニュース記事)

このうち、特にグローバル展開の体制作りは、昨年後半から重点を入れています。


この結果、グローバル市場のおけるマーケティング活動が本格化してきています。いくつかの例を、写真でご紹介します。
2013年11月、ラスベガスで開催のAWS re:Inventにブース出展

2014年2月、ロンドンで開催のCloud Expo Europeにおいてブース出展と講演

2014年4月、ラスベガスで開催のNAB 2014においてブース出展


2014年4月、サンフランシスコで開催のRedHat summitにおいて、ブース出展と講演

その成果もあり、欧州のCloudianパートナーであるBCLOUDは、90日間で3社のお客様と契約といった実績を挙げています。

BCLOUD has chosen the Cloudian® object storage platform (中略)In just 90 days, this new relationship has yielded four new customer deployments throughout Europe, including Savenet Solutions, Asco Tlc and Salvix.

今後、「日本市場が育てたCloudian」は、グローバル展開を活発化してゆきます。このブログでもタイムリーに報告していきますので、皆様に応援いただければ、たいへんにうれしいです。