2014/07/04

Cloudianセミナー2014講演内容サマリー(4)

Cloudianセミナー2014では、IDC Japan様の講演に続き、インテル クラウド・コンピューティング事業本部 シニア・スペシャリストである田口栄治氏から講演をいただきました。


ITはビジネスを効率化するツールから、ビジネスそのものとなり、デジタルサービス経済が勃興しはじめています。そして、アプリごとにシステムを組んでいた伝統的な時代から、アプリごとに仮想システムを構築できる時代に移り、今後はさらに進化して、アプリが自動的にシステムを定義する「Software Defined Infrastructure(SDI)」の時代へ進んでいきます。

このSDIの実現において、ストレージの変革が非常に重要であり、安価なコモディティサーバをベースとして活用しつつ、高度なソフトウェア技術で効率的なデータ管理を実現することがポイントとなります。また、SDIの実体は単一のシステム/ソリューションではなく、動的にポリシーベースでストレージ資源を管理できる分散型のストレージシステムであり、そこで重要な役割を果たすのが、ストレージオーケストレータの存在です。

Cloudianは、データを読み書きするだけのシステムではなく、I/Oやオブジェクト化などのストレージ管理がフレームワーク化されている点で、SDSとなる可能性を持っていると評価いただきました。

講演のスライドをご紹介します。