2014/07/04

Cloudianセミナー2014講演内容サマリー(3)

前回に続き、Cloudianセミナー2014での講演内容をご紹介します。

IDC Japanサーバ/ストレージ/IPDS/PCs グループディレクターを務める森山正秋様からは、「ストレージインフラの新たなトレンド:世界ストレージ市場の潮流から変化を読む」と題した講演をいただきました。


IT市場においては、メインフレーム、クライアント/サーバシステムに続き、クラウド/モビリティ/ビッグデータ/ソーシャル技術で形成される「第3のプラットフォーム」が台頭しつつあります。こうしたプラットフォームの世代交代のタイミングでは、システムにアクセスする人やデバイスの規模、そこで生成されるデータや稼働するアプリケーションの数が、幾何級数的に増大することから、特に、非構造化データは著しく増えることが予想されています。

第2のプラットフォームに最適化された既存のストレージ技術は、柔軟性や拡張性、俊敏性、管理の容易性、コストという点で、第3のプラットフォーム時代への対応が困難であり、サービスプロバイダーを筆頭に、新しい技術を採用する例が増えてきています。特に、Cloudianに代表されるSDS(Software Defined Storage)への投資額も高い成長率を見せていると紹介いただきました。

当日の講演スライドです。