2014/06/06

Cloudianセミナー2014講演内容サマリー(1)

先日開催したCloudianセミナー2014の講演内容を何回かにわけてご紹介いたします。
セミナー冒頭にクラウディアンの太田が登壇。開演のご挨拶と、「Cloudianの概要とアップデート」について講演いたしました。


Cloudianは新しい技術、製品であることもあり、「オブジェクトストレージ」、「クラウドストレージ」、「Software-Defined Storage、仮想ストレージ」、「ハイブリッドクラウドストレージ」、「分散ストレージ」といった様々な呼び方をされています。

このようにさまざまに呼ばれるには理由があります。実は、それぞれがCloudianの特長を表しています。
  • オブジェクトストレージ:階層構造をもたないフラットな構造で、データをオブジェクトとして格納
  • クラウドストレージ:インターネットを介したリモートアクセスに適している
  • Software-Defined Storage、仮想ストレージ:装置容量や場所に依存せずソフトウェアが複数サーバーを仮想的に統合制御し大量データを格納
  • ハイブリッドクラウドストレージ:クラウドストレージの事実上の標準であるAPIを備えハイブリッドクラウドを実現
  • 分散ストレージ:複数のサーバーやデータセンターにデータを分散して格納

こういったCloudianの特長の説明に続き、国内外の採用事例を紹介しました。最近では、ICC(石川コンピュータセンター)様に、医療や自治体向けBCPクラウドを提供するためにCloudianを採用していただきました。その他、海外における多数の採用事例もお話しいたしました。

また、Cloudianには新機能が次々と追加されています。今回はディスクの利用効率を向上するErasure Coding(イレジャーコーディング)とアマゾンS3、Glacierとの自動階層化(Auto Tiering)機能について説明いたしました。

さいごに、今後の製品展開として、Cloudianソフトウェアとハードウェアを一体として提供するCloudianアプライアンス「Cloudian FlexStore」で計画中の各種ラインアップを紹介し、講演を締めくくりました。

当日の講演スライドも、ぜひご覧ください。