2014/06/06

Cloudianセミナー2014講演内容サマリー(2)

前回に続き、先日開催したCloudianセミナー2014の講演内容をご紹介します。クラウディアンの石田より、Cloudianとハードウェアを一体として提供するCloudianハードウェアアプライアンス「Cloudian FlexStore」とCloudianの購入プロセスについて説明をしました。


講演は、Cloudian FlexStoreを提供開始するに至る背景から始まりました。Cloudianソフトウェアの導入を検討する担当者から、最適なハードウェアやCloudianのインストール等について質問を受けるケースが多くありました。そのため、Cloudian FlexStoreは、調達におけるお客様の作業負担を軽くするため、予めハードウェアにCloudianソフトウェアをインストールし、かつ最適チューニングを施し販売することとしたものです。

ファイル同期・共有、バックアップ、アーカイブ、クラウドゲートウェイ等の各種アプリケーションと組み合わせた「FlexStoreソリューション」としての提供も可能です。講演では、お客様への提案事例として、クラウドゲートウェイのTwinstrata CloudArrayや遠隔拠点間でファイル共有をリアルタイムで行えるMaginatics MagFSと組み合わせたソリューション例を紹介しました。いずれのソリューションにおいても、Cloudianは広域バックエンドの共通ストレージとして最適です。

なお、このCloudianの購入の検討にあたっては、無償ハンズオン講座、30日評価ライセンス、POCライセンスが用意されています。欧州では、こういった評価ライセンスを使いお客様が実環境における検証を行い、わずか2週間で採用に至ったケースがあります。日本では無償ハンズオン講座を受講後、30日間評価ライセンスを使った検証を経て、3カ月間で購入に至ったお客様の実例が紹介されました。

講演のスライドはこちらになります。ぜひご覧ください。