2014/01/28

Cloudian(クラウディアン)が各種メディア記事に紹介されています

2014年に入り、クラウディアンでは2つの発表を行いました。各種メディア記事に取り上げていただきましたので、ここでご紹介いたします。


IOデータら、NAS製品とCloudianのクラウドにおける相互接続性を公式認定
「アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)とクラウディアンは1月8日、アイ・オー・データのNAS製品HDL-XRWシリーズと、オブジェクトストレージ製品 Cloudianとの接続検証を実施し、相互接続性を公式認定したと発表した。」詳細



NASとクラウドストレージで低コストかつ堅牢なデータ保護を実現 ついに実現!!
NASと連携可能なクラウドストレージが誕生!

「当社(IOデータ様)は、小規模企業向けNASである「HDL-XRWシリーズ」や「HDL-XRシリーズ」などは、Amazon S3対応を特長の1つとして販売しています。この機能は、Amazon S3の登録情報を登録しておくと、クラウドストレージへ自動的に同期してバックアップできるというものです。Cloudianは、S3に完全準拠していますので、エンドポイントの設定を変えるだけで利用できます。」

「例えば、Cloudianで構築されているNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング クラウド・エヌ Object Storage」では、すでに動作が確認されています。またプライベートクラウドや企業ネットワークの範囲においても、クラウディアンと共同で接続検証を実施し、HDR-XRシリーズとの相互接続性が確認できたことを2014年1月8日に発表しました。」 詳細


NTT東日本がクラウディアンのオブジェクトストレージを「フレッツ・あずけ~る」に採用
「クラウディアンは2014年1月21日、オブジェクトストレージ製品「Cloudian」がNTT東日本に採用されたと発表した。NTT東日本はフレッツ光契約者向けのオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~る」のストレージ基盤としてCloudianを導入した。」詳細


クラウディアン、NTT東日本がクラウド・オブジェクトストレージ製品を採用
「クラウディアン(太田洋代表取締役)は、1月21日、NTT東日本(山村雅之社長)が提供するフレッツ光契約者向けオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~る」のストレージ基盤に、クラウド・オブジェクトストレージ製品「Cloudian」が採用されたと発表した。」詳細


クラウディアンの「Cloudian」がNTT東日本「フレッツ・あずけ~る」に採用
クラウディアンは21日、NTT東日本が提供するフレッツ光契約者向けオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~る」のストレージ基盤に、「Cloudian」が採用されたと発表した。詳細

2月にも、たくさんの発表案件が控えていますので、ご期待ください。