2013/09/24

Cloudian Connector for Citrix CloudPortal Business Manager

CitrixのCloudPortal Business Manager 2.1がリリースされました。このCitrix CloudPortal Business Managerは、コマース、ユーザー管理、クラウドの運用面をひとつのクラウド・インターフェースに統合し、サービス化(Anything as a service:XaaS)することができます。
Citrix released CloudPortal Business Manager 2.1. Citrix CloudPortal Business Manager is a cloud services delivery platform that enables to unify the commerce, user management, provisioning and operational aspects of a cloud into a single cloud interface for delivering anything as a service (XaaS)




Cloudianは、このCitrix CloudPortal Business Manager向けに「Cloudian Connector」を提供しています。この「Cloudian Connector」 により、エンタープライズ企業とサービスプロバイダーは、CloudPortal Business Managerのセルフサービスポータルを通じてストレージをサービス化(Storage as a Service:STaaS)することが可能になります。
The Cloudian Connector for Citrix CloudPortal Business Manager extends these services to storage,thereby enabling enterprises and service providers to manage and deliver STaaS through a single, self-service portal

ここではその主な機能を紹介しましょう。Key features are followings.

ストレージ・サービス・カタログ(Storage Service Catalog
ユーザータイプ、組織、チャネルに適したカスタマイズしたストレージ条件を提供できます。
Create a customized catalog of storage offerings that can be delivered to selected user types, organizations, channels. Authorized users can then provision and consume storage ondemand.




柔軟な価格体系(Flexible Pricing Schemes
リージョン、チャネル、通貨、組織、ストレージ容量等に応じて、サブスクリプション料金をストレージサービスに関連付けできます。
Associate subscription pricing with storage services based on regions, channels, currencies, organization, storage capacity, etc.

セルフサービス・プロビジョニング(Self-Service Provisioning
シンプルで、直感的なセルフサービスポータルによるサービスカタログから、オンデマンドでストレージサービスを見つけ、調達できます。サービスは、IT部門やクラウド事業者の介在なしに自動的に利用開始できます。
Browse and provision storage services ondemand from the services catalog using a simple, intuitive self-service portal. Services are provisioned automatically without any intervention from IT or the cloud operator.

利用量と課金記録(Usage & Bill Tracking
セルフサービス・ダッシュボードを使い、オンデマンドで利用量、課金、支払い情報にアクセスできます。
Access usage, billing and payment information on-demand using a self-service dashboard.

シングルサインオン(Single Sign-On
シングルサインオンにより、Citrix CloudPortal Business ManagerからCloudian Management Consoleを立ち上げ、アクセスできます。
Launch and access Cloudian Management Console from the Citrix CloudPortal Business Manager using single sign-on.


CloudianはCitrix CloudPlatform powered by Apache CloudStackとの互換性が試験、検証により実証され、「Citrix Ready」のクラウド認定を受けています。つまり、Citrix を採用するパブリッククラウドとプライベートクラウドは、CloudianによりS3同等のストレージサービスを柔軟に展開できるのです。

The Cloudian Storage platform is Citrix Ready® Cloud Verified, a designation signifying that the Cloudian storage solution has been tested and verified to work with Citrix CloudPlatform™, powered by Apache CloudStack.The integration with Cloudian brings the power and flexibility of our S3-compatible platform to a large and growing base of Citrix-powered public and private clouds. 

CloudianはS3に完全互換のAPI、マルチテナント、マルチデータセンターに対応するクラウドストレージ基盤です。企業やサービスプロバイダーはパブリックとプライベートクラウドとして高コスト効率、高拡張性、高信頼性のオブジェクトストレージサービスを展開できます。
Cloudian delivers a fully S3 API compliant, multi-tenant, multi-data center cloud storage platform that enables enterprises and service providers to cost-effectively deploy an extremely scalable and reliable object storage service within public and private clouds.

詳細はこちらをご覧ください。(See more at)
日本語:http://www.cloudian.jp/cloud-storage-products/cloudian.html
English:http://www.cloudian.com/overview.html

2013/09/13

「分散オブジェクトストレージ講座」定期開催をはじめました

毎月1回定期開催の「分散オブジェクトストレージ基礎講座」と「分散オブジェクトストレージ体験講座」を開始しました。以前より、Cloudianパートナー向けには、CCE(Cloudian Certified Engineer)トレーニングを実施してきましたが、Cloudianの導入を検討されているお客様からも受講したいとのご要望が寄せられており、開催の運びとなりました。



年内開催の予定はこちらになります。

会議室の制約とハンズオンという性格から、それぞれの参加人数は基礎講座は限定10名、体験講座は限定5名となりますので、どうぞ早めにお申し込みください。

分散オブジェクトストレージ基礎講座の講義模様


「分散オブジェクトストレージ基礎講座」は、主に分散オブジェクトストレージが求められる背景、その仕組みとメリット、使い道といった市場や技術を高い視点から説明しました。フィードバック結果を見るに参加者の皆様にはご満足いただけたようで、一安心しているところです。


質問:「基礎講座ついて評価してください」

質問:「基礎講座の講義内容について評価してください」

「分散オブジェクトストレージ体験講座」は、クラウドの仮想コンピューティング上に各参加者3台の仮想サーバーを用意し、そこにCloudianをインストールし、データの分散や複製、障害復旧などを体験しました。本来であればCCEトレーニングでは2日間かけて実施する内容です。半日で行うには講師側で相当念入りに事前準備をしておく必要があることがわかりました。

質問:「体験講座の講義内容について評価してください」

「分散オブジェクトストレージ体験講座の様子」



ただし、受講者の皆様からは多くの感謝のコメントをいただき一同たいへんに喜んでいます。今後、今回学んだことを活かし、よりよい講義にしたいと思います。