2013/02/23

クラウドは世界的現象 〜 ロンドン「Cloud Expo Europe」展示会とシトリックス


「ビッグデータとクラウド・ストレージ」 連載 第十回

イベント・企業編5: 
ロンドン「Cloud Expo Europe」展示会とシトリックス



ロンドンにおいて、2013年1月29~30日にかけて「Cloud Expo Europe」が開催された。私は行かなかったが、クラウディアンはこの展示会に出展したので、同社ジョルジオ・プロペルシ氏(General Manager, Americas and EMEA)にロンドンでのエキスポとクラウド業界の様子を聞いてみた。


◆ クラウドは世界的現象


昨年秋にはシリコンバレーでも「クラウド・エキスポ」が開催され、ここではオープンソースが展示の多くを占めていたことを、本連載第五回で報告した。その中でも、特にオープンスタック陣営が多かったように思えたので、ロンドンではどうだったのか興味があったが、ジョルジオは少々違う印象をもっていた。

ジョルジオ: シリコンバレーでもロンドンでも、特にオープンスタック寄りということはなくて、両方とも中立的立場だったと思います。確かに、オープンスタック・ファウンデーションや、ラックスペースなどのオープンスタック系企業は多かったですが、クラウドスタックなど他のタイプのクラウドをサポートする企業も多くいました。

それより、去年に比べてロンドンの展示会がものすごく大きくなっていたのに驚きました。2012年は規模も小さく、ホスティングが話題の中心でした。今年はようやく、実際に「クラウド」中心になり、出展企業はクラウド・コンピューティング、クラウドストレージなどや、クラウドの周辺技術(クラウドをどう管理するか、クラウドの中で起こっていることをどう監視するか、どうやってクラウドをデバグするか、など)を展示していました。フロアは満員で、主催者側では5000人の参加者を見込んでいたようですが、それよりもずっと多かったと思います。

いったん会場の中にはいってしまうと、たくさんのアメリカの会社やNTTなどがブースを出していて、アメリカの展示会と見分けがつきません。確かに欧州の会社もありましたが、シリコンバレーでも欧州系企業がいましたし、出展者の国籍バランスはだいたい同じでした。ブースを見に来るお客様も、似たようなタイプの企業ユーザーで、ただ欧州やアジア(英BTやインドのタタ・コミュニケーションズなど)が多いという地理的な違いだけです。また、欧州の小さいサービスプロバイダーなどもけっこう来ていましたよ。

「CloudExpo Europe」におけるCloudian Inc.のGiorgio(写真右)とJimmy(写真左)


◆ クラウドスタックとシトリックス


クラウドスタックは、もう一つのIaaSのオープンソース・ソフトウェアである。クラウドスタックはCloud.comが開発し、同社は2011年にシトリックスが買収した。Cloud.comもシトリックスもかつてはオープンスタックのメンバーだったが、買収後シトリックスは2012年にクラウドスタックをリリースしてApache Software Foundationに寄付し、オープンスタックを離れるという決断をした。少々ややこしいが、なにしろクラウドスタックは現在オープンスタックとは別のオープンソース・プロジェクトになっている。Joe OnisickによるNetwork Computingの記事では、クラウドスタックのほうが企業向けに使いやすくパッケージされており、オープンスタックはもっとフレームワーク的だが強力なサポーターがいる、といった違いを述べている。

ジョルジオ: クラウディアンはオープンスタックにもクラウドスタックにも対応しています。この二つの違いを簡単に述べるのは難しく、それぞれの長所・短所などを比較した技術資料を参照していただきたいです。

実際にはお客様は、まったく別の理由からどちらかを選ぶことが多いですね。もし私が企業やサービスプロバイダーで、システムをクラウドに移したいと思ったとすると、実績があってきちんとサポートが得られるソリューションを選びたいと思います。オープンソース・コードを自分で直接使うと、社内のエンジニアをたくさん張り付け、自分でサポートもやらなければなりません。多くの企業ではとてもそこまでできません。

銀行ならば、それよりも本来業務である銀行業務にお金と人を割きたいはずです。ですから、すでにつきあいのある信頼のおける技術ベンダーにクラウドもやってほしいと考えます。どのオープンソース・ソフトウェアをベースに使っているかよりも、自社の既存システムに合っていて、価格が適正であることのほうが重要なのです。

それに、オープンソースだけがクラウドの技術ではありません。マイクロソフトやVMwareなども独自のソリューションを持っています。シトリックスは商用サービスとして、クラウドスタック・ベースのCloud Platformを提供しています。

◆ STaaS とセカンダリー・ストレージ


シトリックスのCloud Platformはこのように、企業ユーザー向けのフル・サポートのプラットフォームだが、現在同社はストレージ部分を持っていない。このため、クラウディアンがそこを受け持っている。

ジョルジオ: シトリックスのCloud Platform上では、クラウディアンを使って、二つの機能を実現できます。一つはS3対応のSTaaS (Storage as a Service)です。STaaSとは、クラウド上にストレージを置き、ストレージをサービスとして提供することです。

ハイブリッド・クラウドという考え方が広まっていますよね。自社のストレージのうち、一部をアマゾンのパブリック・クラウドに、一部を自社のプライベート・クラウドに、というやり方です。このとき、どのファイルをどちらに置くかころころ気が変わっても、両方ともインターフェースが同じならばユーザー側は大変使いやすくなります。このように、S3との互換性はユーザーにとってたいへん便利です。

もう一つはセカンダリー・ストレージのクラウド化です。プライマリー・ストレージは、例えばスプレッドシートをクラウド上に置いて直接開いて使うように、高速でのアクセスが必要な場合で、これに対してセカンダリー・ストレージは、直接アクセスすることの少ない、スナップショット、テンプレート、ISO、VMなどのストレージです。

これをクラウド化すると、Cloud Platformベースのクラウドのすべてのゾーンで、これらの要素にアクセスすることができます。クラウド化されていない場合、通常はローカルのNASに保存しますが、そうするとそのNASのあるゾーンが落ちた場合に、他のゾーンからスナップショットやVMなどが見えなくなってしまいます。ロンドンのエキスポでも、ブース来訪者はこのようなクリティカルなセカンダリー・ストレージがいつも見えるようになっていることの重要性を理解して、この点はとても興味を持たれました。

◆ ビッグデータでもクラウド・ストレージでもなく


さて、私のこのコラムは「ビッグデータとクラウド・ストレージ」と題しているが、ジョルジオはこれらの用語ではなく、「オブジェクト・ストレージ」という用語をなるべく使いたいという。

ジョルジオ: 我々のプロダクトは、最新最高のオブジェクト・ストレージであると言いたいです。

「ビッグデータ」という用語は誤解を招きやすいと思うからです。オブジェクト・ストレージを使う動機は必ずしもデータの規模ではありません。多くの企業が、最初は例えば5-10テラバイトといった、それほど巨大でもない規模でオブジェクト・ストレージを使います。それは、コスト・効率・スケーラビリティの3つの点ですぐれていて、後で「ビッグ」になっても大丈夫だからです。

そして、オブジェクト・ストレージはクラウドに適しています。自社ですべての機器を買い揃えて管理者を雇う必要がないクラウドは多くの企業のニーズに合っています。

◆ シトリックスとクラウディアンのパートナーシップ


では、顧客がシトリックスのオブジェクト・ストレージを選ぶ場合にどんなポイントがあるだろうか?

ジョルジオ: シトリックスにはわが社以外にもいくつかパートナーがいますが、クラウディアンは「S3との互換性」と「複数のデータセンターのサポート」という点が特徴です。

複数データセンターのサポートは簡単ではありません。我々の最初の欧州でのパートナー、Lunacloudの場合、すでにポルトガルにデータセンターがあり、これにフランスを加えることになっていたので、この点が決め手となってクラウディアンを選びました。クラウディアンでは、データのレプリカをいくつ、どこに保存するかの設定を複数の中から選べます。競合ソリューションではできません。ちなみに、ロンドンのエキスポでは、シトリックスのオブジェクト・ストレージパートナーとしてはクラウディアンだけしか展示していませんでした。

また、ロンドンでは新たにCloud Portal Business Manager (CPBM)をシトリックスと共同で発表しました。ユーザーは、このポータルを使って、ウェブベースでクラウド・ストレージを増やしたり設定を変更したりすることができるようになりました。

□■□ お知らせ □■□
Cloudian(クラウディアン)は、2013年2月26日(水)、27日(木)、ホテルニューオータニ(東京・紀尾井町)にて開催のCloudDays2013春に出展します。詳細はこちらでご案内しています。お越しの際には、ぜひCloudianブースにお立寄ください。CloudianオリジナルMINTIAを先着順でプレゼント。


海部美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO(最高経営責任者)。ホンダを経て1989年NTT入社。米国の現地法人で事業開発を担当。96年米ベンチャー企業のネ クストウエーブで携帯電話事業に携わる。98年に独立し、コンサルティング業務を開始。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新 技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。子育て中の主婦でもある。ブログ:Tech Mom from Silicon Valley。Twitter ID:@MichiKaifu。 著書に『パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本』(アスキー新書)がある。

Cloudian(クラウディアン)はCloudDays Tokyo 2013に出展します

2013年2月26日(水)、27日(木)、Cloudian(クラウディアン)は、ホテルニューオータニ(東京・紀尾井町)にて開催のCloudDays2013春に出展します。
CloudDays2013の詳細はこちらをご覧ください。

お越しの際には、ぜひCloudianのブースにもお立寄ください。フロアマップはこちらでご覧になれます。ブース番号は036。「ニフティ」ブースの向かい、「シトリックス」ブースの隣で、たいへんにわかりやすい場所です。


Cloudian(クラウディアン)ブースでは、Cloudian特製MINTIAをプレゼント。数に限りがあります。先着順ですので、お早めにお越しください。多くの皆さんにお会いできることを、スタッフ一同楽しみにしています!

2013/02/22

CloudianとDell PowerVault DL2200/2300 powered by CommVault

2013年2月7日、Cloudian(クラウディアン)とCommVault Simpanaの相互接続が公式認定されたことを報道発表しました。

CommVaultがクラウディアン社のS3オブジェクトストレージ製品 Cloudianを公式認定 
~ 世界16,000社以上が利用するCommVault SimpanaとCloudianで、自社専用のデータ・バックアップ/アーカイブ用、高信頼ストレージシステムが構築可能に ~


接続検証の詳細はスライドシェアでもご紹介しています。

CommVault with Cloudian for Data Backup and Archive from Cloudian

この接続検証結果を受け、OSCA(Open Standard Cloud Association)のセミナーやビデオインタビューで、たいへんにお世話になっているDell様のDellテックセンターブログで、CommVault Simpanaを搭載したDell PowerVault DL2200/2300とCloudianをD2D2C(Disk to Disk to Cloud)として利用するユースケースとメリットについて紹介がありました。


Dellテックセンターブログ クラウドストレージ(Cloudian)をバックアップ先に - PowerVault DLシリーズ(CommVault)

これまでデータのバックアップ/アーカイブ先は、テープかディスクを前提に紹介されることが一般的でした。今回の接続検証発表により、クラウドサービスをバックアップ/アーカイブ先に加えるメリットが広く理解され、利用促進の機会になれば、本当にうれしいと考えています。

また、CloudianはS3互換のオブジェクトストレージを構築できる「ソフトウェア製品」です。Dellテックセンターブログでの紹介のとおり、PowerEdge R720xdといった汎用的なサーバーをハードウェアに使い、バックアップ/アーカイブ用として企業構内や複数データセンターをまたがるオンプレミスのストレージシステム、又はプライベートクラウドのストレージとして活用できます。

今後、Cloudianパートナー企業を通じてDellサーバーにあらかじめCloudianが搭載されてお客様の元に届き、もっと簡単に素早く利用していただけるケースも増えてくるかもしれませんね。

2013/02/01

企業とイクメンお父さんの味方(?)クラウド・バックアップ/リカバリー


ビッグデータとクラウド・ストレージ」 連載 第九回


トレンド編5: 企業とイクメンお父さんの味方(?)クラウド・バックアップ/リカバリー


エノテック・コンサルティング代表
海部美知


連載第六回のこのコラムで、米国大統領選でのオバマ陣営がアマゾンS3をバックアップ用途にも使い、メインのデータセンターがあるワシントンDC(東海岸)を襲ったハリケーン・サンディに備えて、西海岸にスナップショットを保存していたことを紹介した。

ストレージは、保存データが商材そのものであるようなネットサービスだけのものではない。一般企業や政府・各種団体でも、各種のデータを定期的にコピーして別の場所に保管することで、故障や災害によるデータ喪失にそなえることは、伝統的なデータセンターの役割の一つである。

多くの一般企業でも、扱うデータの量や種類が急増し、データが失われた場合の復旧時間短縮の必要性が増している。一方で、ネットサービスにおける「ビッグデータ」の規模の経済により、機器や部品のコストが全体的に下がり、提供されるサービスも増えた。このため、ネット企業ほどの膨大なデータを持たない企業でも、ニーズとコストの両面で「クラウド・バックアップ/リカバリー」を活用するメリットが大きくなってきている。

調査会社ガートナーによれば、企業ユーザー向けバックアップ/リカバリー・ソフトウェアの市場は、年率6.5%で成長し2016年には52億ドルに成長すると予測している。

今回は、こうした「バックアップ/リカバリー市場」の最近のトレンドを見てみよう。

◆ ハイブリッド化


ストレージ方法の選択肢にはそれぞれ特徴があり、企業のデータ利用状況やストレージの目的などにより、(1)コスト、(2)容量、(3)アクセス速度、の3つの要素のバランスを考慮して選ぶことになる。すぐに取り出して使うトランザクション系のデータなら、コストが高くてもアクセス速度が高い方法を選ぶ。逆に、実際にはほとんど使うことはないが、法律で一定年数の保存を義務付けられ、データを整理保存する「アーカイブ」目的では、アクセス速度は最低限でよく、なるべく安価で大容量の方法がよい。

Express Computer記事によると、「実はバックアップとアーカイブの区別がついていない企業が多い」らしいが、「バックアップ」はデータのコピーを作成し何かあった場合に備えることであり、「アーカイブ」はデータを整理保存することと言える。メインの業務にデータの必要性が高い企業では、データ復旧の速度が重要なので、アクセス速度の優先度がより高く、そうでない場合はコストが優先される。

従来は、どちらかといえばコスト優先のケースが多く、このため伝統的なバックアップは、定期的にデータをテープにとり、メインのオフィスやデータセンター以外の場所に保存する、という形態が多かった。大量のデータを安価に保存するにはテープが最も適していたワケだが、テープの保存管理には手間がかかり、データを復旧するのに時間も手間もかかった。

これに対し、ディスク・ドライブでは、MAIDといった省電力化技術を使わない場合には、ただ置いておくだけの間も電力を必要とするので運用コストが高い。しかし、バックアップもリカバリーもより迅速にできる。データの重要性が高い企業では、テープよりもディスクのメリットが大きい。

いったんディスクに保存し、一定の時期がきたらテープのアーカイブに移すなど、時間軸によって異なる方法を使い分けることもある。

用途によって異なるストレージ・メディアをミックスして利用する「ハイブリッド・ストレージ」が現実となってきている。

◆ 重複排除、スナップショット、クラウド・バックアップ


ディスク・バックアップのソフトウェアでは、データを書き込む時点で、データ圧縮と重複排除(data de-duplication、略してde-dupe)を行うことができることも特徴の一つだ。

重複排除とは、例えば、マネージャーが100人の部下あてにメールを送った場合、100通ではなく1通だけのメールを保存する、というイメージのものだ。これにより、必要とするディスクの量を大幅に減らすことができる。データ量が増える中で、重複排除はバックアップ・ソフトウェアにおける重要な技術要素である。

スナップショットは、ある時点でのデータセットの状態をリード・オンリーで保存したものだ。すべてのデータを完全にコピーしてバックアップするよりも、保存データ量を減らすことができる。またバックアップに要する時間もより短く、バックアップのためにトランザクションを止める必要もないため、「時間」のコストも少なくて済む。

こうした種々の技術で、ディスクの必要量を減らすことができるようになったため、テープより高価なディスクであっても、管理コストや復旧時の手間・コストを含めたトータルROI(投資対効果)ではディスクのほうが勝る、との意見もある。

ここまでは、ディスク・ベースのアプライアンスでも対応できるわけだが、例によってデータ爆発に対応するにはスケーラビリティが必要で、「スケールアウト」ができるクラウドがここでも力を発揮する。データが急増した場合、テープやアプライアンスでは容量の追加が面倒だが、クラウドならば容易にできる。

仮想マシン(VM)の普及に伴い、VMのバックアップ対応ニーズも高まっている。また、モバイル利用のためにアプリケーションの種類も増え、複雑さが増している。

こうしたことから、冒頭に紹介したガートナーのレポートでは、主要なバックアップ・ソフトウェアの機能として、下記のようなものを挙げている。


  • テープへのバックアップとディスクへのバックアップ(ハイブリッド環境で異なるメディアへの移行ができるようにする)
  • データ減量(データ圧縮と重複排除)
  • スナップショット
  • 異機種間レプリケーション(プラットフォームの異なるサーバー・ストレージ・ネットワークが混在する環境で、統一的にデータ複製を管理する)
  • CDP(Continuous Data Protection:継続的データ保護)、すべてのトランザクションでデータが変更されるたびに、コピーを作成してバックアップする)
  • VTL(Virtual Tape Library:仮想テープライブラリ)、ディスクをテープ・ライブラリーに仮想化することで、従来型のテープ保存システムと統合できるようにする)


このように、クラウド・バックアップは利点が多いが、まだ技術としては枯れていないため、大企業ではまだ導入に慎重な向きが多く、本格化するにはまだ半年から一年ぐらいかかるのではないか、とガートナーのアナリストは述べている。このため、クラウド・バックアップは中小企業が先行し、大企業ではクラウドの場合でも「プライベート・クラウド」型を指向するのでは、というのが件のアナリストの見解だ。

◆ 主要プレイヤーと趨勢


ガートナーによると、分散型バックアップ/リカバリーの分野では、シマンテックが最大のシェアを持ち、これにIBM、EMCとCommVaultが続いている。2011年にはEMCとCommVaultがシェアを伸ばした。おなじみのガートナー・マジック・クアドラントで「リーダー」に分類されているのもこの4社で、これに続く「チャレンジャー」として、HP傘下にはいったAutonomyとCAテクノロジーズが挙げられている。



これらは主に大企業向けのベンダーだが、「クラウドにより向いている」と言われる中小企業向けのプレイヤーも数多い。Small Business Computing記事によると、月額料金制で自動的にオンライン・バックアップとデータ保護を行う米国のサービスとして、Carbonite、Crashplan、Mozy、Zettaなどが挙げられている。またSymformは、月額料金の代わりに、自分のデスクトップやサーバーの空き容量を他社が使えるように提供するという、P2P型のサービスである。

例えばCarboniteでは、最も安価なプランは月額59ドルなので、企業だけでなく、「子供の写真やビデオをこまめに撮ってたくさんためているが、自分のパソコンのハードディスクがクラッシュしたら赤ちゃんのときからの思い出がすべてパーになる、困る!」というイクメンお父さんでも十分手が届く。今や個人でも、クラウド・バックアップが可能なのだ。

ガートナーのレポートに戻ると、ベンダー評価の前提として、2014年までに80%の企業ユーザーがなんらかのディスク・ベースのバックアップを採用(現在は半分以下)、2015年までに25%以上が従来型のバックアップ/リカバリーからスナップショットとレプリケーションの方式に移行、2016年までに大企業の45%がオペレーション復旧目的ではテープを完全にやめる(現在は22%)、というシナリオを想定している。

バックアップ/リカバリーも、急速にクラウド化が本格化しつつあるようだ。


海部美知(かいふ・みち

エノテック・コンサルティングCEO(最高経営責任者)。ホンダを経て1989年NTT入社。米国の現地法人で事業開発を担当。96年米ベンチャー企業のネ クストウエーブで携帯電話事業に携わる。98年に独立し、コンサルティング業務を開始。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新 技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。子育て中の主婦でもある。ブログ:Tech Mom from Silicon Valley。Twitter ID:@MichiKaifu。 著書に『パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本』(アスキー新書)がある。