2013/09/13

「分散オブジェクトストレージ講座」定期開催をはじめました

毎月1回定期開催の「分散オブジェクトストレージ基礎講座」と「分散オブジェクトストレージ体験講座」を開始しました。以前より、Cloudianパートナー向けには、CCE(Cloudian Certified Engineer)トレーニングを実施してきましたが、Cloudianの導入を検討されているお客様からも受講したいとのご要望が寄せられており、開催の運びとなりました。



年内開催の予定はこちらになります。

会議室の制約とハンズオンという性格から、それぞれの参加人数は基礎講座は限定10名、体験講座は限定5名となりますので、どうぞ早めにお申し込みください。

分散オブジェクトストレージ基礎講座の講義模様


「分散オブジェクトストレージ基礎講座」は、主に分散オブジェクトストレージが求められる背景、その仕組みとメリット、使い道といった市場や技術を高い視点から説明しました。フィードバック結果を見るに参加者の皆様にはご満足いただけたようで、一安心しているところです。


質問:「基礎講座ついて評価してください」

質問:「基礎講座の講義内容について評価してください」

「分散オブジェクトストレージ体験講座」は、クラウドの仮想コンピューティング上に各参加者3台の仮想サーバーを用意し、そこにCloudianをインストールし、データの分散や複製、障害復旧などを体験しました。本来であればCCEトレーニングでは2日間かけて実施する内容です。半日で行うには講師側で相当念入りに事前準備をしておく必要があることがわかりました。

質問:「体験講座の講義内容について評価してください」

「分散オブジェクトストレージ体験講座の様子」



ただし、受講者の皆様からは多くの感謝のコメントをいただき一同たいへんに喜んでいます。今後、今回学んだことを活かし、よりよい講義にしたいと思います。