2013/06/25

SIビジネスに役立つクラウド活用基礎講座連載中です

先月発売の「月刊テレコミュニケーション6月号」より、クラウディアンのメンバーが執筆する「SIビジネスに役立つクラウド活用基礎講座」が連載中です。

連載第1回目となる6月号では、企業がパブリッククラウドを利用する用途としては、企業ITシステムの置換というよりも、最近話題のビッグデータ分析といった新規のIT需要への対応(クラウド・ファースト)か、バックアップ・アーカイブ等、企業ITシステムの「補完」として早期に、かつ恒常的に利用することが、もっともあり得るシナリオであろうと紹介しました。

連載第2回目となる7月号では、パブリッククラウドの3つの特長 (1)従量制料金、(2)容量無制限、(3)セルフサービスを実現するための、コア技術について解説しています。「NOSQLの基礎知識(ビッグデータを活かすデータベース技術」の読者であれば、すでにご存知の内容をコンパクトにまとめました。

全連載5回の予定ですが、連載第3回目はパブリッククラウドを企業が利用するパターンを類型化し、具体的な利用シーンとともに、先日のCloudianセミナー2013で講演のあった、バックアップやアーカイブといったパブリッククラウドと連携する企業IT製品を紹介します。そして、連載第4回目はプライベートクラウドとハイブリッドクラウド、最終回にはクラウド業界や市場の将来像に対する仮説を説明し、読者の皆さんの打ち手の参考にしてもらえればと考えているところです。

「ホスティングをクラウドと自称することには違和感」、「プライベートクラウドは仮想化だけでは不十分」、「パブリッククラウドはさらに安くなる」、「パブリッククラウドは大手数社に収れんする」、「プライベートクラウドは多種多彩に」、「パブリックとプライベートクラウドの相互接続や使い分け」・・。こんな見方や背景も全5回のなかで紹介する予定です。ぜひご覧いただければ幸いです。