2012/12/11

「Cloudianセミナー2012」レポート(後半)




セミナーの後半冒頭、リバーベッドのTim様よりリバーベッド社の概要について紹介がありました。同社はWAN最適化の分野で世界的に圧倒的なシェアを占めているとのことです。これに続き、寺前様より「リバーベッド・ホワイトウォーター」について説明がありました。企業内のファイルシステムとクラウド間にホワイトウォーターをゲートウェイとして設置することで、企業ITシステムのバックアップ・アーカイブにパブリッククラウドを利用できるようになります。これにより、従来はデータのバックアップを最終的に磁気テープとしてデータセンターに保管するか、バックアップ用のストレージ装置のディスクに保管していたものが、ストレージ単価の安いクラウドに安全に保管できるようになります。そして、ホワイトウォーターにはインターネット経由を経由する際の安全性を保つ暗号化のほか、伝送効率を高めるための圧縮化など多彩な機能が備わっていると紹介がありました。



続いて、NTTコミュニケーションズの大野様より、「Bizホスティング Cloudn」として2012年6月にサービス開始したコンピューティング・サービスと、Cloudianを採用し同年10月にサービス開始したObject Storageの紹介がありました。業界最安値水準の料金は、0.1円単位でのコスト削減と、大規模に展開する計画に基づき実現したとのことです。さらに、ベンダーロックインを避けるため、ハードウェアのストレージ製品を使うことは当初より対象外としていました。ソフトウェア製品であるCloudian採用の決め手は、Amazon S3に対する互換性の高さ、課金・統計などの機能が予めパッケージされ、豊富な商用実績があり他製品に比べ速く商用化できるという点にあったと説明がありました。さいごに、簡単に利用できることについてデモによる紹介がありました。(なお、当日のプレゼンは、preziで画面がぐるぐる回っていました。)


セミナーのさいごには、クララオンラインのギベス様から、企業がオブジェクトストレージに移行するには、まだハードルが高いという見解が示されました。この課題を解決するため、本年12月に発売の「Storagebox」というクラウド・ゲートウェイ装置をクララオンラインが複数関係者を取りまとめて開発。この装置を設置することで、企業は、API(Application Programming Interface)を意識することなく、Cloudianを採用するクラウドストレージサービスを社内共有ファイルサーバーであるかのように利用できます。この「Storagebox」はB-Plats様より近く販売開始されるとのことです。


約3時間に亘る「Cloudianセミナー2012」は、クラウディアンのMike Tsoが締めくくりました。


最後のスライドには、感謝の言葉とともに「Cloudian "S3 in the box"」。

本日の講演者のいずれのお話からも、今後、企業においても従来の専用ストレージ装置にに加え、パブリッククラウドとプライベートクラウドをハイブリッドに利用し、いわゆるビッグデータ化するデータのストレージを始めるであろうと予感させるものでした。企業においても簡単に利用できる「S3機能の箱詰」、これが来年のクラウディアンのテーマです。