2012/12/11

「Cloudianセミナー2012」 レポート(前半)


2012年12月10日(月)、100名を越える出席者を迎え、Cloudian(クラウディアン)の活用事例を紹介する「Cloudianセミナー2012」を開催しました。

セミナーでは、Cloudianを採用しクラウドストレージサービスを提供する、ニフティ様(「ニフティクラウドストレージ」)と、NTTコミュニケーションズ様(「Bizホスティング Cloudn(クラウド・エヌ)、Object Storage」)から、サービスの紹介に加え、Cloudian採用の経緯などについて説明がありました。

また、グローバルで製品展開しているエンタープライズ向けクラウド製品である、「Oxygen Cloud」について日商エレクトロニクス様から、「リバーベッド・ホワイトウォーター」についてリバーベッド様から、さらに、手軽に企業内システムからクラウドを利用できる「StorageBox」を使ったファイルシステム構築についてクララオンライン様から紹介がありました。

当日の模様は、以下のBCN Bizlineのほか、Yahoo!ニュース朝日デジタルSearchinaにも記事掲載されていますので、ぜひご覧ください。

クラウディアン、クラウドストレージのセミナーを開催


さて、セミナーはクラウディアン株式会社の太田のご挨拶からはじまりました。スマートフォンなどの普及に伴い、業務において個人デバイスを利用するBYOD(Bring Your Own Device)が加速しています。企業のIT担当部門は、外部に重要なデータが流出するリスクを管理するため、デバイスだけではなく、自社でプライベートクラウドを構築し管理することも重要になります。この大きなトレンドについて、BYOND(Bring Your Own ”Network” and Device)という造語を使い説明しました。


講演者のトップとなるニフティの小池様からは、ニフティクラウドストレージの紹介の後、お客様からの要望の多かったS3互換のクラウドストレージの自社開発を計画していたところCloudianに出会い、2カ月という短い期間で商用開始に至ったと、採用経緯を丁寧に説明いただきました。また、ニフティクラウドストレージは性能面でアマゾン東京リージョンとほとんど差が無いという試験結果も披露いただきました。さいごには、クラウドでは規模が重要であることから、(Cloudianを核として)「事業者が連携したクラウド連合を実現したい」との提言がありました。


次に、日商エレクトロニクスの藤井様からは、すでに世界の企業8000社で利用されているOxygen Cloudの紹介がありました。Oxygen Cloudは、いわゆるオンラインストレージ、ファイル共有のためのアプリケーションです。日本ではパブリッククラウドとして利用する場合にはニフティクラウドストレージを利用することができます。一方、企業内に限定して利用する場合には、Cloudianを使ったプライベートクラウドのアプリケーションとして利用することができます。同社の飯田様より、Oxygen Cloudのデモがあり、わかりやすく機能全般を知ることができました。