2012/09/17

海部美知forCloudian「ビッグデータとクラウドストレージ」連載開始です




海部美知さんの寄稿「海部美知forCloudian:ビッグデータとクラウドストレージ」、Cloudianのブログ「What is BIGDATA?」にて連載開始です。







海部美知さんには、先月の「Cassandra Summit 2012」で初めてお会いしました。「ビッグデータ」に関する執筆本の取材とのことでしたので、Cloudian(クラウディアン)の紹介をはじめ、いろいろとお話するなか意気統合。翌日、あらためてSFオフィス近くのレストランでロンドンオリンピック、なでしこ女子サッカー「日本対アメリカ」を見ながらランチをしました。その場で「クラウドストレージ」について、より多くの方々に理解してもらえるようなブログ執筆についてお願いしたところ快諾いただき、ここに実現することになりました。

少し古い話になりますが、当時一般的ではなかった「ウィスキー」が広く知られるようになったのは開高健、山口瞳によるコピーやエッセーが大きく貢献したと聞いたことを思い出します。私たちは、これからの時代の主流になると確信している「クラウドストレージ」において、その役割を海部美知さんに託してみようと考えています。

今後、ビッグデータ、クラウドストレージ、米国の最新動向などについて隔週で寄稿いただく予定です。新着情報は、以下でお知らせします。連載第1回目からリアルタイムでお楽しみください!

Cloudian Facebookページ:「いいね!」の皆様に新着投稿をお知らせいたします。

Cloudian Twitter :  「フォロー」の皆様にTwitterで新着投稿をお知らせいたします。


海部美知さんのプロフィールです。

海部美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティン グCEO(最高経営責任者)。ホンダを経て1989年NTT入社。米国の現地法人で事業開発を担当。96年米ベンチャー企業のネ クストウエーブで携帯電話事業に携わる。98年に独立し、コンサルティング業務を開始。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新 技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。子育て中の主婦でもある。ブログ:Tech Mom from Silicon Valley。Twitter ID:@MichiKaifu。 著書に『パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本』(アスキー新書)がある。



Cloudian(クラウディアン)について

Cloudian(クラウディアン)は日本、米国、中国に拠点を持ちグローバルに展開しているソフトウェア開発会社Cloudianグループが開発提供するクラウドストレージを構築できるパッケージソフトウェア製品です。

Cloudianで構築するクラウドストレージは、事実上の標準であるAmazon S3のAPIに完全準拠しており、数百から千種類に及ぶAmazon S3対応アプリケーション、ツール、アプライアンス、サービスを利用することができます。

Cloudianは、「ニフティクラウドストレージ」を始めとするクラウド事業者の商用クラウドサービスに採用されているほか、プライベート、ハイブリッドクラウドにおいても利用することができます。