2011/12/06

Cloudian Partners Summit 2011を開催しました

2011年12月6日は、このブログでもご紹介している2件のプレスリリースがあり、たいへんに慌ただしいなかでしたが、初めての「Cloudian Partners Summit 2011」を開催いたしました。渋谷のセルリアンホテル会議室に40名近くの出席者をお迎えすることができました。


Cloudianは、当初の開発コンセプトはクラウドサービス事業者向けとして開発しました。そのため、クラウドサービス提供に不可欠である統計課金機能、ユーザー・グループ管理機能、利用量の制御機能など、いわゆるサービスプラットフォームがあらかじめ実装されています。また、クラウドサービスを短期間で開始できるよう、インストールが簡単なパッケージソフトウェア製品に仕上げています。

そして、2011年7月19日に商用版をリリース後、約2週間後の8月1日にはクララオンライン様のβサービスに採用いただき、約2ヵ月後の9月29日にはニフティ様の「ニフティクラウドストレージ」が商用サービスを開始されています。

ただし、様々なお客様にCloudianをご紹介するなかで、Amazon S3 REST APIに完全準拠している製品はCloudianだけであり、これを自社のデータセンターで構築するプライベートクラウドに利用すれば、パブリッククラウドとの相互バックアップに使えるというお声をたくさんいただくようになりました。

Geminiはソフトウェア開発にフォーカスしているベンチャーです。そのため、このような広範なニーズにお応えするためには、すでに多く経験を積んだパートナーが必要であると考えました。パートナーの力を借りることで、Geminiだけではお会いできないお客様にもCloudianをご紹介でき、その業界にあった専門的な技術サポートも提供してもらえることが期待できます。

このような背景で、パートナー制度を導入することを決め、この「Cloudian Partners Summit 2011」を開催するに至りました。

当日は、ニフティ様から、Cloudianを選んだ理由(そして、苦労した点も少しだけ)をはじめとした、たいへんに貴重な講演もいただきました。

当日の出席者の皆様には、GeminiオリジナルのCloudianワインを記念にお贈りしました。


Cloudianのパートナーにご興味のある方は、こちらのクラウディアン株式会社のホームページよりお問い合わせください。来年のワインはもっと熟成?しているかもしれません。