2011/10/24

Cloudian-OpenStackディストリビューションについて発表しました。

この数カ月間、Cloudianに関する発表が続いています。米国では10月20日(木)、日本では10月21日(金)に、GeminiはOpenStackコミュニティに参加し、Cloudian-OpenStack ディストリビューション版のソフトウェアパッケージをリリースすることを発表しました。

今回は日本語、英語のみならずロシア語、ドイツ語などでのメディア記事にも掲載されました。ここに、主要な記事をご紹介しておきます。

Cloudianのプレスリリース本文:

English Press Release: Cloudian joins the OpenStack community, Enhance API offerings

日本語版プレスリリース:Cloudianは、OpenStackコミュニティに参加し、 Amazon S3との互換性等を機能追加した 「Cloudian™-OpenStack ディストリビューション」をリリース

主な日本語メディアでの紹介記事:

businessnetwork.jp:Gemini、クラウドストレージCloudianにOpenStack対応パッケージを追加
asahi.com:Geminiは、OpenStackコミュニティに参加し、 Amazon S3との互換性等を機能追加した 「Cloudian(TM)-OpenStack ディストリビューション」をリリース
Cloudzine:「Cloudian™-OpenStack ディストリビューション」をリリース

主な英語メディアでの紹介記事:

Yahoo Finance:Gemini Joins the OpenStack Community, Enhances API Offerings Gemini's Cloudian adds Amazon S3 compatibility, provisioning and billing APIs to OpenStack
ReadWrite Cloud:Cloudian Partnership Opens Up NoSQL Treasure Trove for OpenStack

このうち、ReadWriteの記事を以下に翻訳してみました。

(以下、翻訳)

去る3月、Cloudian(旧:Gemini Mobile Technologies、現クラウディアン)という新しい会社が、革新的なクラウド-ホスト・データベース・プラットフォーム・サービスを開始しました。これは、オブジェクトをCloudianのクラウドに格納し、利用者は「利用した分だけを支払う」というものです。サービスはCloudianという名前であり、今週初め、Cloudianは、Oracleデータベース・クラウド・サービスといったビッグネームに肩を並べるための競争力向上のために、次のステップに踏み出しました。



Cloudianとオープンソースのクラウド・オペレーティングシステムであるOpenStackとの新たなパートナーシップにより、OpenStackのアプリケーション開発者は、Cloudianマルチ・テナントNOSQLデータベースへの接続のために、クラウド・ストレージへのアクセスプラットフォームであるAmazon S3 APIを使うことができます。

Cloudianは、実際のところ、データベース・プロバイダーでも、データベース・フォーマットでもなく、むしろ、S3 APIを経由してNOSQLデータベースに接続できるシステムです。この基本的なダイアグラムが示すように、それはCassandraを含む、多彩なNOSQLバックエンド・オブジェクト・ストレージレイヤーを利用しています。Cloudianの計画では、将来的にOpenStackのSwiftもバックエンド・ストアに加えるとしています。

Cloudianの参画により、クラウド・データベースの光景は、いまはこのように見えます: OpenStackの利用者は、オンプレミスでサーバークラスターを設定するためのSwiftレイヤーを利用しています。これらのクラスターは、あらかじめ準備されたストレージを使い簡単に拡張します。Swiftの実装はS3 APIを真似ています。このため、Amazonスタイルの「バケット」に大小のデータオブジェクトを格納することができます。しかし、それは、実際のところ、本物のS3にオブジェクトを格納することと全く同じではありません。ごくわずかなプロバイダーが、ミドルウェアレイヤーで活動しており、SMEStorageはそのひとつです。これらのレイヤーは、S3ストレージ互換の命令に何かを行います。

Swiftが完全にCloudianの運用領域で統合されると、残る部分はS3パブリッククラウドとしながら、オンプレミスにどの程度のデータを格納させるかという拡張のために、OpenStackを利用できます。パブリックか専用クラウドプロバイダーとして自らS3準拠ストレージサービスを提供し、お客様のデータは、必要があればオンプレミスとS3ストレージ間に分割することができます。 最も重要なのは、すでにS3上で設計構築されたアプリケーションが、代わりに、あなたのS3準拠Cloudianクラスターで展開できるということです。

「新しいノード検知とデータリバランシングはサービス停止なしに自動的に実行されます。そして、「Cloudianは、アーキテクチャ固有の自動複製と復旧プロセスにより、データロスなしに、ネットワークとノード障害から回復します。システムは地域冗長性のために、複数のサイトとデータセンター間に展開できます。アップグレードとアップデートは、サービス停止なく実行されます」と。