2010/11/22

『「Big Data」との戦い』 連載を始めました

このたび、businessnetwork.jpにおいて、「モバイルクラウドが避けては通れない「Big Data」との戦い」という5回連載記事を開始しました。連載第1回は「モバイルクラウドの道はBig Dataの道」です。



本年11月1日(月)のNOSQL AFTERNOON IN JAPANには多くのエンジニアの方にお集まりいただきました。しかし、NOSQLと総称されるBig Dataの技術の普及のためには、最先端の開発者や現場の最前線にいるITエンジニアだけではなく、サービスの企画、開発や予算、計画などのビジネス部門も含め、より広い分野の方々に、この新しい技術の波について理解していただくことが必要です。

この記事の筆者2人は、通信業界における長い経験を有し、とくに携帯通信事業においては黎明期より企画や計画、サービス開発に携わってきています。また、Geminiの開発者の主要メンバーは90年代半ばより、インターネット関連の技術開発を行っており、その経験を数千万というお客様が利用する携帯メール製品の開発に活かしています。

これらの経験を活かし、専門用語や難しい概念が多い分野ではありますが、可能な限り、ビジネス系の読者にも理解いただけるよう、わかりやすく解説していきたいと考えています。

そして、さらに深く知りたいという方々には、別にお知らせしていますNOSQL Hands-on トレーニングで、実際にその技術を体験していただきながら理解していただくという2段構えでの展開を考えてみました。



連載の第2回は「Big Dataと携帯メール」というタイトルで、クラウドコンピューティングの歴史を遡り、かつ携帯メールがモバイルにBig Dataをもたらしたという経験に基づく記事を準備しています。

また、第3回は「モバイルクラウド環境におけるBig Data技術」として、Big Data環境においては、3つのV、すなわち、Velocity(速さ)、Volume(量)、Variety(多様さ)に対応することの必要性について説明し、その技術としてNOSQLが活用されることについてお伝えします。

第4回は、まだ準備中ですが、Big Dataの技術の多くはオープンソースにより提供されています。このオープンソースでいかにビジネスとして成り立たせるのかという視点から準備する考えです。

そして、第5回は「Big Dataがモバイル業界に与える影響」として、この連載のまとめとします。

多くの方に読んでいただき、Big Dataの技術に注目が集まり、新しい市場を育てることができるよう、プロの編集者の力も借りて面白い記事にするつもりです。どうぞ、ご期待ください。