2010/10/25

Cassandra Hands-on トレーニングの振り返り

本年10月19日と20日に渋谷のGeminiオフィスにて、2日間に亘り計4時間のCassandra Hands-on トレーニングを開催いたしました。その2日目は、Chirperと名付けたTwitterに類似したアプリケーション開発を通して、Cassandraの列指向型(Column-oriented)のデータモデルについて学びました。第1日目に配布したVirtual Boxのアプライアンスを利用し、Single-userのケースとしてUserとTweetを加え、そのTweetを呼び出し(userline)、Multi-userのケースとして、friendを加え、そのfriendのTweetを呼び出す(timeline)というエクササイズです。そして、トレーニングの最後には、JMX(Java Management Extensions)を用いてアプリケーションのモニターもしました。

2日目のトレーニングは、活発な質問や議論のあった1日目のトレーニング模様から一転し、参加者の皆さんが講師のインストラクションに従い、休憩時間も使わず、黙々と考え、プログラミングしていたのがとても印象的でした。また、開発ツールであるEclipseを始めて利用したという方がいたにもかかわらず、参加者の方々の理解の速さと高いスキルに、たいへん驚かされました。

終了後、アンケートを実施しました。いただきました回答の一部をご紹介します。




トレーニングの改善点として、次のようなご意見をいただきました。

  • 「標準のAPIやもっとシンプルなAPIの利用方法を説明して欲しい」
  • 「稼働させた際の問題点や課題など、実践的な説明があると良いのでは・・・」
  • 「日本語で説明のサポートがあると良いのでは・・」


その一方で、トレーニングに対して、多くのお褒めの言葉もいただきました。

  • 「講師がたいへん丁寧に説明し、質疑に応じてくれた」
  • 「事前に用意されたアプライアンスにより、全員が同じ環境で学べたことが良かった」
  • 「トレーニングの環境が良かった」


このような、素晴らしいフィードバックをいただき、運営側としても、何とか年内にもう一度トレーニングを開催してみたいと思うようになりました(実は準備は結構たいへんです・・)。次回のトレーニングは、ご要望の多かったマルチノードを利用した環境をAmazon EC2を用いて設定し、ネットワーク構築やノード追加などのオペレーションを学ぶトレーニングなどはどうかと考えています。ただし、次回は運営コストを賄うことができるよう、トレーニングの回数を複数回設けるか、参加費を上げて実施する必要はありそうです。

さいごにはなりますが、参加者の皆様、ご参加いただき、また有用なご意見をいただき、本当にありがとうございました。また、今回ご参加できなかった皆様、次回は今回の経験も活かし、より良い内容にしたいと考えています。このブログなどでお知らせいたしますので、機会があれば、ぜひご参加ください。Big Dataを扱う技術にご関心を持っていただける多くの皆様にお会いできることを心から楽しみにしております。