2010/07/29

BIGDATAは中国から

先日、Hibariのオープンソースについて、米国でプレスリリースをし、そのアクセス数からインターネット=英語がBig Dataを作り出すのではないだろうか?、とお伝えしました。しかし、プレスリリースから2日経って、HibariのダウンロードサイトであるSourceforgeのStatisticsを見て驚きました。わずか1日の間にダウンロード数で中国がトップになりました。米国、日本が続きますが、圧倒的な差です。


おそらく、発表から1日経って、英語版のプレスリリースが中国語に翻訳され流れたのでしょう。10億人を超える人口と急激な経済成長。すでにBIGDATAという課題に日々直面しているのかもしれません。そして、Hibari(雲雀)という名前や、日本の品質基準をクリアし商用化されている技術だという点も注目を集めたのかもしれません。Hadoopのダウンロード数は、米国に次いで日本が第2位であると聞いたのは、わずか数カ月前ですが、Hibariのケースは異なりました。

先のブログでは、日本と米国でのHibariのプレスリリースから類推しアクセス数の差は3倍以上だろうとお伝えしましたが、日本と中国と間の差はもっと大きいようです。BIGDATAの技術という領域でも、あっという間に中国が存在感を示すことになるのでしょうか。