2010/06/25

BIGDATAを処理する技術の呼び方は?


このような分散型によりBIGDATAを処理するデータベースの技術は、いろいろな名称で呼ばれています。 
 
 リレーショナル・データベースと異なることから、ノン・リレーショナル・データベース。

 リレーショナル・データベースで用いられるSQL言語を利用しないことから、NO-SQL

 とはいえ、SQLがもはや不要という意味では無く、今後は補完関係になるであろうという議論があり、Not-Only SQL

 データ構造から、キー・バリュー・ストア、キーに対してコラムを持つ構造のものは、コラム型、XMLよるものはドキュメント型などとも呼ばれます。

 また、分散型がその特徴であることから、分散型キー・バリュー・ストアとも呼ばれます。